全記事(数)表示

全タイトルを表示

Google

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

My 英単語帳

iknow!


コミュニティ

ヤフーログール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



Roald Dahl's Revolting Rhymes (ロアルド・ダールのへそまがり昔ばなし)

Roald Dahl's Revolting RhymesRoald Dahl's Revolting Rhymes
(1995/02)
Roald Dahl

商品詳細を見る


 「Roald Dahl's Revolting Rhymes」YL:4.0 総語数4,100 ★★★

 ロアルド・ダールのリボルティング・リズムです。6つの有名なおとぎ話の短編が収録されています。ただ、普通のおとぎ話が収録されているのではなく、ロアルド・ダールのブラック・ユーモアで話の結末が大きく変わっています。小さい子供には話しにくい大人向けのお話になっています。

 「Revolting」の単語の意味をしらなかったのですが、「極めて不快な」、「ぞっとする」といった意味なんですね。へそまがりというのはうまい邦訳だと思います。

 リボルティング・リズムということで、本文は全て韻をふんだ詩になっています。チャーリーとチョコレート工場にはウンパ・ルンパの歌が掲載されていますが、あの詩だけで全編が構成されている感じですね。おそらく言葉遊びが満載だと思うのですが、私の英語力ではよくわからなかったのが残念です。読みやすさレベル4ですが、感覚的にはハリーポッターよりも難しいです。

 私の一押しは6話の「3匹の子豚」ですね。5話の「赤頭巾ちゃん」と6話の「3匹の子豚」が微妙につながった話になっているのですが、「3匹の子豚」のラストシーンのあまりのブラックぶりにはのけぞってしまいました!!

 1.Cinderella
 2.Jack and the Beanstalk
 3.Snow White and the Seven Dwarfs
 4.Goldilocks and the Three Bears
 5.Little Red Riding Hood and the Wolf
 6.The Three Little Pigs

 そうそう、挿絵はもちろんクエンティン・ブレイクです。

 今日までの多読語数 1,669,100語(73冊目)
スポンサーサイト



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。