全記事(数)表示

全タイトルを表示

Google

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

My 英単語帳

iknow!


コミュニティ

ヤフーログール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



Skyjack! (スカイジャック)

Skyjack! (Oxford Bookworms Library)Skyjack! (Oxford Bookworms Library)
(2000/08/17)
Tim Vickery

商品詳細を見る



 「Skyjack! (Oxford Level3)」YL:3.2 総語数9300 ★★★
 
 とある国で飛行機がハイジャックされ、犯人たちは同胞の釈放を求めます。テロリストの要求を拒む首相ですが、その飛行機には首相の良く知る人物が乗客として乗っていて・・・

  表紙の写真を見て、もしかしたら「Grace Darling」みたいに実話なのかなと思って読み始めたのですが、残念ながらフィクションでしたね。写真のせいか、とても1970年代の香りがする内容というか事件でした。
 
 こういった事件で活躍する特殊部隊といえば、「トムクランシー」の「レインボーシックス」を思い出しますね。10年くらい前でしょうか。英語を勉強しようとして、生まれて初めて買った洋書が「Rainbow Six」でした。邦訳版を持っていたし、1回読んでいるので、洋書も読めるかなと思って買ったのですが、今、見てみると897ページもあります!!しかも、細かい字で! おそらく30万語くらいでしょうか。読みやすさレベルは7~8くらい???

 よくわからないままに数十ページ読んで断念したような気がします。邦訳文庫本で4冊分ですからね。無謀でした。う~ん、この頃、今の多読法があれば洋書多読続けられてたんですかねえ。

 ちなみに「レインボーシックス」は、世界各国の特殊部隊の精鋭を集めて、多国籍特殊部隊「レインボー」を設立して、テロリストに立ち向かうという話でした。今から考えると時代の先端を走ってました。この本を読むと特殊部隊の装備などにかなり詳しくなりますよ。

 今日までの多読語数 1,529,600語(64冊目)

スポンサーサイト



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。