全記事(数)表示

全タイトルを表示

Google

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

My 英単語帳

iknow!


コミュニティ

ヤフーログール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



The Lion, the Witch and the Wardrobe (ライオンと魔女 ナルニア国物語)

The Lion, the Witch and the Wardrobe (Chronicles of Narnia)The Lion, the Witch and the Wardrobe (Chronicles of Narnia)
(2000/10/02)
C. S. Lewis

商品詳細を見る



「The Lion, the Witch and the Wardrobe (Chronicles of Narnia)」YL:7.0 総語数 36,135語 ★★★★

 実はナルニア国物語にチャレンジするのは2回目です。ナルニア国物語を読んだことがある方は、ご存知だと思いますが、今、発売されているナルニア国物語の巻数は執筆順とは異なっていて、ナルニア国の年代順に並べられています。前回は今の巻数順に読もうと思って1巻の「The Magician's Nephew」を読もうとしたのですが、数ページで読まなくなってしまいました。今回は、やはり執筆順に読もうということで、2巻の「ライオンと魔女」から読むことにしました。

 「ライオンと魔女」は2年位前に映画化されています。映画を見ていてストーリーを把握していたということもあって、かなり読みやすかったですね。読みやすさレベルは7.0ということで高めですが、体感としてはそれほど難しくないような気もします。

 改めて読んでみると、本当に古き良きファンタジー小説といった感じがします。この本が執筆されたのは50年以上前というのも驚かされます。まだ、ファンタジー小説が確立されていない時代に、これだけの世界を作り上げるのですから、やはり名作です。

 あと、面白かったのが呼び名というか、Peter達は「Son of Adam」、Susan達、女の子は「Daughter of Eve」。せっかくの神話の世界なんですから、こういった洒落た呼び名がいいですよね。また、「アダム」の最初の妻「リリス」などに触れるところもあります。

 「アダム」に「リリス」、「アダムの子」とくると、どうしても「エヴァンゲリオン」を思い出してしまうのですが、もしかして、そういった作品にまで「ナルニア国物語」は影響を与えているのかもしれません。というか両作品ともベースにしているものが同じなんでしょうね。


 今日までの多読語数 1,475,600語(62冊目)
スポンサーサイト



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



コメント

こんばんは♪

早速遊びに来てみました。

ナルニア、もう読んでらっしゃるんですね。
ドラは楽しく読める/読めないの境がYL6前後にあるようで、ナルニアは(買ってはありますが…(汗)まだ読める気がしません。

でも、今のところ一番楽しみにしているシリーズなので、いつかは読むと思います。

では、また遊びに来てくださいね。

 早速、遊びに来ていただいてありがとうございます。

 ナルニア国物語、今日、2冊目を読み終わりましたが、後半はかなり英語が難しくなっていましたね。ハリポタ6巻レベルくらいに感じました。まだまだ私も読解力が足りないです。

 また遊びに行かせていただきますね。

 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。