全記事(数)表示

全タイトルを表示

Google

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

My 英単語帳

iknow!


コミュニティ

ヤフーログール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



Sherlock Holmes and the Duke's Son (シャーロックホームズ プライオリ学校)

The Oxford Bookworms Library Stage 1: 400 Headwords: The Oxford Bookworms Library Stage 1: 400 Headwords: "Sherlock Holmes and the Duke's Son"
(2004/10/29)
Arthur Conan, Sir Doyle

商品詳細を見る


 「Sherlock Holmes and the Duke's Son(Oxford Stage1)」YL:2.0 総語数 5,950語 ★★★★

 あのシャーロックホームズです。子供の頃、シャーロックホームズ、怪盗ルパン、江戸川乱歩など、かなり読んだ気がするのですが、残念ながら内容はあまり覚えていません。今だと、昔とはまた違った視点で読めて面白いんでしょうね。

 この本はシャーロックホームズの短編「プライオリ学校」のリライト版なのですが、かなり難しく感じました。単語は400語レベルで、単語自体は難しくありませんし話のストーリーは追えるのですが、肝心のホームズの推理が良くわからないというか、どういった理由でそういった推理をしているのかが、読みきれなかったですね。

 もうひとつ消化不良だったので、図書館で邦訳版の短編集「シャーロックホームズの帰還(プライオリ学校)」を見つけて斜め読みしたのですが、やはり情報量が3倍くらい違うというか、会話や説明がGR版ではごっそり削られているというのがわかりにくい理由になっています(ストーリー展開は全く同じです)。原作で3~4行使って述べられていることが、1行で書かれている様な感じです。その1行を完全に理解していけば推理できると思うのですが、90%とか、80%の理解で読んでいくと、もうひとつ消化不良で終わってしまいます。

 この本を1回読んで、状況設定と、推理の面白さがわかる人はかなりの英語力があるのではないでしょうか。私には無理でした

 ご興味のある方はぜひチャレンジしてみてください。

 今日までの多読語数 1,439,500語(61冊目)

スポンサーサイト



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



コメント

この本、私も読みました。
小学生の頃、たくさんこのシリーズを読んだ記憶があるんですが、この話は読んだことがなかったんです。

私は、挿絵の地図の絵を見ながら、立ち止まりながら読みましたw

ミステリーものは、確かにこのレベルではどうしても無理がありますよね。
私も、推理というか、伏線というものが全然分からずじまいでした。
ただ、懐かしさだけ満足してましたw

今度は、「ナルニア国物語」を読まれるのですね。
私は、邦訳でも読んだことがないので、いつかチャレンジしてみたい本です。(内容が知らない方が、ワクワクして楽しいので)
ほんとうは、ダレンシャンもいつか原書で読んでみたいのですが・・・時間がないw
読まれた、感想楽しみにしてまーす(^O^)/

 挿絵の地図なんですけど、邦訳版の地図を見ると、ダンロップの自動車の跡、ダンロップじゃないほうの自転車の跡、牛の足跡などまで載ってあって、GR版よりもやはり詳しかったですよ(-_-;)

 「ナルニア国物語」は古き良きおとぎ話といった感じでしょうか。一方で「ダレンシャン」は思いっきり現代風ですもんね。今の子供たちにはダレンシャンの方が受けるんでしょうね~。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。