全記事(数)表示

全タイトルを表示

Google

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

My 英単語帳

iknow!


コミュニティ

ヤフーログール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



Memoirs of a Geisha (さゆり)

Memoirs of a Geisha (Penguin Joint Venture Readers)Memoirs of a Geisha (Penguin Joint Venture Readers)
(2000/08/24)
Arthur Golden

商品詳細を見る


 「Memoirs of a Geisha (Penguin Readers Level6) 」YL:6.0 総語数 29,000語 ★★★★★

 この本のことは前から知っていましたが、外人さんが書いた芸者本だし、とんでも本なんじゃないかとずっと思っていました。いい意味で久しぶりに裏切られたというか、GR版でもすごいと感じさせてくれる本ですね。こんなことなら、最初から原書にチャレンジしておくんだったとすこし後悔しました。

 この話は、NYに住んでいる祇園でもトップクラスだった芸者から著者が彼女の半生をインタビューして、それを彼女の死後に本にしたという形を取っています。本を実際に読んでみると、日本人の自分が読んでもおかしくないというか、これぞ花柳界といった世界が緻密に丁寧に描かれています。まさに情景が頭に浮かぶというか、とても外国人が想像で書けるものではないですね。これは日本人が書いたノンフィクション作品じゃないかというくらい具体的にエピソードが描かれています。実際に、この著者はかなりのインタビューを芸者さんにしたそうですが、おそらくはインタビューしたエピソードの骨格をそのまま利用して、小説を作り上げたのではないかと思われます。

 特に物語前半のさゆりが芸者になるまでの描写は異色の出来ですね。私も当然ながら花柳界とは無縁の一般人の生活をしておりますが、こういった本を読むと、華やかで粋な京文化に自分も触れてみたいなと思いますね。多分この本を読んだ世界中の男性が一度は京都の祇園に行ってみたいと思うのではないでしょうか。日本の誇れる京文化、芸者文化ですね。

 そのうち原書も読んでみようと思うのですが、洋書にするか、翻訳版にするか少し迷っています。京言葉で話しをしている「さゆり」を読むのも面白そうですしね!


 今日までの多読語数 1,423,200語

スポンサーサイト



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



コメント

はじめまして。

このテンプレ、以前使ったことあるんです。(^^ なつかしいわ。
そしてMemoirs of Geisha は、はじめて読破した洋書です。(ってか、ほとんどこの1冊くらいしかないのですが。^^;) 非常に良い英文だからと読みなさいと手渡された本で、辞書を片手に必死に読みました。
私は和書にしても、多読ができないタイプなので、こちらの「洋書多読」というのは、あこがれです。

AyeYaiさん。はじめまして。
このテンプレはシンプルなのが気に入って使っています。
「Memoirs of a Geisha」が最初の1冊なんですね。私はまだGR版しか読んでいませんが、それでもきれいな情景が浮かぶ英文ですもんね。私はかなり気に入っています。

ウェーバーさんは、ほんと、たくさん本を読まれているんですねー。
この本は、私にはまだ難しそうですが、いつか、是非読んでみたいです。

ブログ巡り中に立ち寄りました。
応援ポチッ!

これ~映画SAYURIの本ですか?
めっちゃあほっぽい聞き方ですみません。
Level6ってまだまだ、まるぷくには無理そうですね;

今、気がつきましたが、外国語生活が、
お気に入りブログに登録されている(ノ´▽`)ノ
ありがとうございます~。

ハルミズキさん。こんばんは。
いやいやハルミズキさんの方がたくさん読まれているような気がしますよ。1日で3冊の書評とか並んでますよね!
この本は面白かったです。おすすめです。

まるぷくさん。こんばんわ。
そうです。「SAYURI」の原作です。私はまだ映画を見ていないんですが、どうでしたか?チャン・ツィイーもいいですけど、日本人の女優さんにさゆりをして欲しかった気もしますね。英語をしゃべれる人がいないんですかね。

こんばんは。

私も実は今これを読んでいます。
映画で「SAYURI」を観てからなので、何となく分かりやすいのですが、京都は地元に近いため、舞子→芸子というイメージがあったのです・・・。芸者さんでいいのかなー・・・。と疑問に思って広辞苑で調べたりしていました。芸者さんは、ずっと東京の人のことだと思っていました(汗)。

Nonさん。こんばんは。
私も知りませんでしたが、芸者というのは関東地方での呼び方なんですね。京の舞妓さんというのは違う職種かと思っていましたが、見習いの芸妓(芸者)さんのことなんですね。
勉強になりました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。