全記事(数)表示

全タイトルを表示

Google

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

My 英単語帳

iknow!


コミュニティ

ヤフーログール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



Owl at Home (ふくろうくん)

Owl at Home (An I Can Read Book 2)Owl at Home (An I Can Read Book 2)
(1982/09)
Arnold Lobel

商品詳細を見る


 「Owl at Home (An I Can Read Book 2)」YL:1.4 総語数 1,500語 ★★★

 「Frog and Toad Are Friends」で有名なアーノルド・ローベルの絵本です。今回の主人公は一人暮らしのやや変わり者のふくろうくんです。イラストを見るとふくろうくんはもう成人していそうですが、行動を見ると子供のようなところも多々あります。

 お話は、「The Guest」、「Strange Bumps」、「Tear-Water Tea」、「Upstairs and Downstairs」、「Owl and the Moon」の5話構成です。大人の自分から見ると、どの話も「おいおいふくろうくんは天然かよ」といいたくなるようなお話なのですが、たぶん子供に読み聞かせてあげると、特に1話、2話と、4話なんか子供が喜ぶんじゃないかなといったお話ですね。ふくろうくんの行動と考え方が4~5歳の男の子と一緒ですもんね。

 でも、「Tear-Water Tea」のふくろうくんを見ると、実はふくろうくんは子供のふりをして遊んでいるだけで、裏表がちゃんとあるんじゃないのと邪推してしまいます。私には子供の純真さはないみたいですね(笑)


 今日までの多読語数 1,394,200語

スポンサーサイト



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。