全記事(数)表示

全タイトルを表示

Google

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

My 英単語帳

iknow!


コミュニティ

ヤフーログール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



The Coldest Place on Earth (南極探検隊)

The Coldest Place on Earth (Oxford Bookworms Library)The Coldest Place on Earth (Oxford Bookworms Library)
(2000/10/24)
Tim Vicary、Jennifer Bassett 他

商品詳細を見る


 「The Coldest Place on Earth (Oxford Bookworms Library)」YL:2.1、総語数 6,300語 ★★★★★

 南極点初到達を競った、ノルウェー人のアムンゼン隊とイギリス人のスコット隊のお話です。子供の頃、家に南極点初到達についての本がありました。ちょうどアムンゼン達と同時期に日本人の白瀬中尉も南極点到達を目指して探検しているんですよね。その本では、白瀬中尉のことも詳しく書かれていて、幼心ながらに日本人頑張れと応援しながら読んだことを覚えています。白瀬隊が南極点から一番離れたところで、探検を断念したのでちょっとがっかりしました。まあでも、今考えると、探検を断念するのも勇気なのだなと思います。

 この本は洋書なので、残念ながら白瀬中尉のことは一言も触れられていません。ただ、この語数の割には、アムンゼン隊、スコット隊の装備のことや各隊の雰囲気、リーダー像など、かなり詳しく書かれていると思います(アムンゼンは犬ぞり、スコットは雪上車、ポニー、犬ぞりを使います)。一方が勝者となり、一方が敗者となるわけですが、その主な要因もよく理解できました。

 巻末には南極点への旅の地図も掲載されており、両隊がどの日時にどの地点にいたかもわかるようになっています。この地図にはLAST CAMPの地点もマークされているのですが、Depotまでもう少しなんですよね。読了後しばらくこの地図を眺めていました・・・。


 今日までの多読語数 1,388,300語
スポンサーサイト



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。