全記事(数)表示

全タイトルを表示

Google

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

My 英単語帳

iknow!


コミュニティ

ヤフーログール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



Lord of the Shadows (ダレンシャン11)

Lord of the Shadows (Cirque Du Freak: the Saga of Darren Shan (Mass Market))Lord of the Shadows (Cirque Du Freak: the Saga of Darren Shan (Mass Market))
(2007/09)
Darren Shan

商品詳細を見る


「Lord of the Shadows (ダレンシャン11)YL:5.5、総語数 41,261語 ★★★★

 ダレンシャン11巻「闇の帝王」読み終わりました。全12巻、総語数約50万語に渡るこのシリーズも残り1冊を残すのみとなりました。11巻の感想を一言で言うと、ダークですね・・・。タイトルのとおりに闇といったところでしょうか。狂気が渦巻く世界となっています。

 「CIRQUE DU FREAK」の次の行き先はすべての悲劇の始まりとなった、ダレンの故郷です。ダレンは「CIRQUE DU FREAK」と行動をともにし、故郷へと帰るのですが、そこで待ち受けていた運命は懐かしい町並みと古くからの友人と・・・

 この本の作者「Darren Shan(主人公の名前と同じペンネーム)」はロンドン生まれのアイルランド育ちなんですが、その縁か、J.K.Rowlingの書評がUS版の表紙には掲載されています。ハリポタの作者もお勧めですよと出版社はいいたいんでしょう。ダレン・シャンはもともとホラー小説であって、ダークなのはしょうがないと思うのですが、ハリーポッターも結構ダークなところがある作品ですよね。7巻のハリー・ポッターと死の秘宝なんかは特にダークで、グハッマジか!と呻きながら読んでいました。子供向けの作品にも関わらず、単純な善悪ではなくて、作品全体にダークさを出すというのは、英国、アイルランドのお国柄なんでしょうか。

 指輪物語も作品全体にダークさが漂っていますが、作者のJ・R・R・トールキンもやはり英国人ですよね。逆にアメリカのイメージというと、「バットマン」、「スパイダーマン」ですからダークさの質が違うような気がします。読んだ小説の中では「ゲームの達人」なんか最もアメリカっぽい匂いがしますよね。別にアメリカ人が単純と言いたいわけではありません(笑)

 それはさておき、とうとう次は12巻「SONS OF DESTINY」とダレンシャンの最終巻にふさわしいタイトルです。ダレン・シャンを一言で表せと私が言われたら、躊躇なく選ぶ言葉が「DESTINY」です。運命はダレン達をどこに導くのか、運命を変えることはできるのか。最終巻楽しみです!

 今日までの多読語数 1,322,400語

スポンサーサイト



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



コメント

先日は、コメントありがとうございました。

ダレンシャンは、日本語訳ですが、子供と競って読みましたw
最後の巻の意外な結末に、驚きました!!

確かに、イギリスとアメリカの文学って違いますよね。
私は、イギリスの方が好きかな?

ハルミズキさん。こんにちわ。
そうですか。ダレンシャンは意外な結末ですか。楽しみです。今日も50ページくらい読みましたv-218

私もどちらかというとイギリスですね。指輪物語が特に好きです!

こんにちは。

ウェーバーさん、こんにちは。
大作を読まれているのですね。私もそのうち挑戦しないといけませんね。
いつも1冊読み終わってすぐ満足したいために、1冊読みきりの本ばかり選んでしまいます・・・。

Nonさん。こんにちは。
ダレン・シャンは1冊4万語程度なので、非常に読みやすいですよ。
最近では3巻を1冊にまとめたのも販売されていますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。