全記事(数)表示

全タイトルを表示

Google

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

My 英単語帳

iknow!


コミュニティ

ヤフーログール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



GRACE DARLING

Grace Darling (Oxford Bookworms Library 2)Grace Darling (Oxford Bookworms Library 2)
(2000/08/21)
Tim Vickery

商品詳細を見る



「GRACE DARLING (Oxford Bookworms Library)」YL:2.8 総語数6700 ★★★★

 読んでいるときはフィクションだと思っていたんですが、このお話は実話だったんですね。1838年9月6日、蒸気船Forfarshire号は60名の乗員乗客を乗せて、イギリス北東部を航海していました。その船はエンジンに問題を抱えていましたが、船長は強引に航海を続け・・・そして大嵐がやってきます。

 そのころ近くの「The Farne Islands」の灯台には見張り番としてDARLING一家が滞在していましたが、その日はたまたま3人だけ、父、母、22歳の娘のGRACE DARLINGしかおらず、いつもはいるグレースの二人の兄はいませんでした。

 嵐はどんどん激しくなり、エンジンが故障した蒸気船Forfarshire号はThe Farne Islandsで座礁して真っ二つに折れてしまいます。なんとか生き延びた人たちは嵐の中、座礁したHerker's Rockの上で救助を待ちますが、嵐の中、次々に息絶えます。朝になって、生存者を発見したグレース達は嵐が続く中、救助に向かおうとしますが・・・

 わずか6700語ですが、緊迫感のあるお話しにまとまっています。この船の遭難もタイタニックと同じで人為的なミスがあって大遭難につながっているんですよね。それから、勇気あるダーリング一家が見所ですね。


 グレース ダーリング wikipedia
 http://en.wikipedia.org/wiki/Grace_Darling

 今日までの多読語数 1,216,700語
スポンサーサイト



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。