全記事(数)表示

全タイトルを表示

Google

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

My 英単語帳

iknow!


コミュニティ

ヤフーログール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



海辺のカフカ (村上 春樹 :Kafka on the Shore)

海辺のカフカ〈上〉海辺のカフカ〈上〉
(2002/09/12)
村上 春樹

商品詳細を見る



 「海辺のカフカ (村上 春樹)」 ★★★★

 海辺のカフカ、村上春樹です。

 村上春樹の本を読んだのは「1Q84」だけですが、この本も1から10まで、村上春樹の本というか、作者の名前を聞いていなくても、村上春樹の本とすぐわかりますね。非常に特徴的ですね。

 あいかわらず、不思議な世界観というか、現実と非現実の境目を話がいったりきたりします。謎が謎を呼んで、話は進行していくのですが、終わりに近づいても、いまいち収束しないというか不思議なまま話は終わってしまいます。

 ナカタさんはどうして影が半分になってしまったのか、白い謎の生命体は何なのか、その生命体がジョニーウォーカーに取り付いていたのか、田村カフカ君とはいったい何?誰なのか?

 最後まで読んでもいろんなことが謎のままな変な感じです。

 自分としてはわかりやすいカチッとした話が好きなので、変な読後感が残ってしまいます。

 「少年カフカ」という、海辺のカフカ公式ホームページの作者読者間のQ&Aを取りまとめた本があるそうですね。その本も読んでみたい気がしますね。

海辺のカフカ〈下〉海辺のカフカ〈下〉
(2002/09/12)
村上 春樹

商品詳細を見る
スポンサーサイト



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。