全記事(数)表示

全タイトルを表示

Google

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

My 英単語帳

iknow!


コミュニティ

ヤフーログール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



「The Valley of the Lost 「Deltora Quest 7」 (いましめの谷)」

The Valley of the Lost (Deltora Quest)The Valley of the Lost (Deltora Quest)
(2001/10)
Emily Rodda

商品詳細を見る


「The Valley of the Lost 【Deltora Quest 7】(Emily Rodda)」YL:5.5 総語数25,495 ★★★★★

 デルトラクエスト7巻「いましめの谷」です。今回の宝石は純潔と力の象徴「ダイヤモンド」です。

 ダイヤモンドを守るガーディアンは表紙の魔法使いのような人物です。このガーディアンはもちろん、シャドウロードの配下なのですが、大のゲーム好きらしく、自分のダイヤモンドを奪いに来た人間に対して、解ければ自分の宝物を渡すが、解けない場合はいましめの谷の幽霊のような人々にしてしまうという条件で、クイズを出します。捕らえられたリーフ達はそのクイズに取り組むのですが・・・

 クイズは良くできていて、子どもが喜びそうな謎解き(名前当て)ができます。この本を読んでいて、邦訳ってどうしているんだろと思いました。同じ名前といっても、アルファベットと日本語じゃ、文字数も、使う文字も違いますよね。今度、子どもが邦訳版を借りてきたら、どうなっているのか読んでみたいと思います。

 この巻で7つの宝石がそろい、次はとうとう第一部の最終巻、「Return to Del」です。終盤になって、話も盛り上がってきましたし、最後の決戦がどうなるのか楽しみです。

 今週中には読み終われるかな。

 今日までの多読語数 2,626,000語(132冊目)
スポンサーサイト



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。