全記事(数)表示

全タイトルを表示

Google

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

My 英単語帳

iknow!


コミュニティ

ヤフーログール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



Holes

HolesHoles
(2000/05/09)
Louis Sachar

商品詳細を見る


「Holes」 YL=6.5, 総語数=46938 ★★★★★

 この「Holes」が私の英語多読最初の本です。松澤先生の有名なウェブサイトに「英語・発音・語彙」という英語関連のサイトがあります。そのサイトにえらく感銘を受けた私は、書店で松澤先生の「単語耳」という著書を見つけて、早速買ってきました。

 その本は最初の120ページくらいが理論編で、残りが実践編です。実践編のほうは英単語1000語を100回繰り返すというものですが、根性無しの私はNHK紅白歌合戦で使っているようなカウンターをわざわざ買ってきたにも関わらず、すぐに投げ出してしましました。

 ただ、理論編のほうは発音編だけではなく、語彙編、多読編があり、その多読編のほうに最初の1冊として紹介されていたのが「Holes」でした。

 前置きが長くなってしまいましたが、思い入れがある1冊と言うことでご容赦を(笑)。

 読み始めると結構、変なお話なんですよね。主人公であるスタンリーはあることが理由でキャンプ「グリーン レイク」に連れて行かれます。そこは昔は広大な湖だったのですが、今は干上がってしまっています。灼熱の太陽の中、キャンプの少年たちは1日1つの穴を掘ることを強制されます。

 話が進むにつれて謎はひとつ、またひとつと増えてきます。話は現代だけでなく、時間も飛び越え複雑に伏線が張り巡らされていきます。そしてラストに向かって謎はひとつづつ明らかにされるのですが、話の展開の妙がすばらしいですね。

 初めて読んだときには伏線が全て把握できなくて、他の人の感想を読んで、「えっ、そんな話あったっけ」と確かめたこともありました。これが伏線になっていたのかと、ますます感心したりして(笑)

 最初の1冊ということでかなり過大評価かもしれませんが、この本だったからこそ、読みきれた気もしますし、この本を紹介してくれた松澤先生にも感謝しています。

 でもこの本YL:6.5なんですね。ダレンシャンよりも難しいのか。子供向けの本とはいえ、お話の密度は濃いですよ。ぜひ皆さんにお勧めしたいです。

「英語・発音・語彙」  http://www.scn-net.ne.jp/~language/
スポンサーサイト



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。