全記事(数)表示

全タイトルを表示

Google

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

My 英単語帳

iknow!


コミュニティ

ヤフーログール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



Bushido 「The Soul of Japan」 (武士道)

Bushido:The Soul of Japan―武士道 (洋販ラダーシリーズ)Bushido:The Soul of Japan―武士道 (洋販ラダーシリーズ)
(2007/01)
新渡戸 稲造

商品詳細を見る


「Bushido : The Soul of Japan(新渡戸 稲造)」YL:5.0 総語数16,800 ★★★★★

 新渡戸稲造の「武士道」です。

 この本もいつか読みたいと思っていたのですが、今回ようやく読むことができました。やはり名著ということだけあって、読んでいても格調が高いというか、古き良き日本というか、「Honor」という言葉がこれほど記憶に残る本はないですね。この本はリライトされているので、原文よりはかなり簡単になっていると思うのですが、それでも格調高さがただよってきます。

 少し、自信満々に書きすぎではないかと思えるところもありますが、日本の武士道の素晴らしさが良くわかります。それにしても、フランス並みの気位の高さですね(笑)。武士は食わねど高楊枝というぐらいですからね。

 「ラストサムライ」は「武士道」を参考にしたといわれていますが、日本人が見てもあまりおかしく見えなかったのもこの本のおかげですね。


 今日までの多読語数 2,459,600語(123冊目)
スポンサーサイト



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



コメント

私もこの間読みました!
図書館にこのシリーズが一杯あるので・・・
私は女性の記述「娘として父のため犠牲になり、妻として夫のため犠牲になり、母として子のため犠牲になった。」・・ってところでゾ~っとしてました。

私は多読まではいきませんが、細々続いてます!

男女のところで、私が特に印象に残ったのは、「日本人の夫は人前で妻を打つけど、家の中では実はやさしくしているんだ。アメリカ人は逆じゃないか」というところです。ここまで書かれると、アメリカ人も怒るだろうと。

このあたりの女性に対する感覚は、時代というか、戦前のものですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。