全記事(数)表示

全タイトルを表示

Google

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

My 英単語帳

iknow!


コミュニティ

ヤフーログール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



The Voyage of the "Dawn Treader" (Chronicles of Narnia) 「朝びらき丸東の海へ ナルニア国物語」

The Voyage of the The Voyage of the "Dawn Treader" (Chronicles of Narnia)
(2000/10/02)
C. S. Lewis

商品詳細を見る


 「The Voyage of the "Dawn Treader" (Chronicles of Narnia)」 YL:7.5 総語数 52,078 ★★★★

 ナルニア国物語第3巻(歴史順では第5巻)の「朝びらき丸 東の海へ」を読み終わりました。ナルニア国物語は「馬と少年を」を最初に読んで、その後は「ライオンと魔女」、「カスピアン王子のつのぶえ」と読んできていますので、4冊目を読み終わったことになります。

 本作品では、ペベンシー家の4兄弟のうち、エドマンドとルーシー、彼らの従兄弟のユースチスが再びナルニア国へと旅立ちます。彼らが出合ったのは、父の友人であり行方不明になっている7人の貴族を探す航海へと旅たったところの、カスピアン王でした。

 本作品の面白いところは大航海時代というか、先に何が待ち受けているかわからない中での探検にあるのでしょうね。ナルニア国らしく、彼らは様々な不思議なことに出合います。そして大航海の最後に待ち受ける「The Very End of the World」とは何なのか。なかなか面白かったです。それから、宗教的なお話、教訓もいろいろと含まれています。

 本作品は来年に映画化されるそうですね。私はまだ2作目の「カスピアン王子のつのぶえ」の映画版を見れていないので、DVDでもレンタルしてきて見ようと思っています。

 それにしても、ナルニア国物語はやっぱり難しいですね。最近は英語の本をあまり読んでいないこともあるのかもしれませんが、読むのに大苦戦でした。他の本に浮気しながら読み続けたので、3ヶ月くらいはかかっていますね。また、しばらくはGRに戻ろうと思います。


 今日までの多読語数 2,247,300語(111冊目)
スポンサーサイト



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



コメント

はじめまして!

多読ブログを探していたときに、こちらのブログを拝見させていただきました。私も30台後半で英語のやり直し+多読を始めたところです!多読暦はまだ1年少しと短いですが、これからもがんばっていこうと思っています。

またお邪魔させてくださいね(^^)。

Re: はじめまして!

Morrishさん。はじめまして。

しばらく、多読を中断していて、ブログも長らく更新していませんでしたが、また、多読を再開して、ぼちぼちと続けていきたいなと考えています。よろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。