全記事(数)表示

全タイトルを表示

Google

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

My 英単語帳

iknow!


コミュニティ

ヤフーログール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



Death of an Englishman (イギリス人の死)

Death of an Englishman (Oxford Bookworms Library)Death of an Englishman (Oxford Bookworms Library)
(2000/03/09)
Magdalen Nabb

商品詳細を見る


 「Death of an Englishman (Oxford Stage4)」YL:3.8 総語数14,000 ★★★

 イタリアを舞台にした推理小説です。MAGDALEN NABBの原作「Death of an Englishman」をリライトしたもので、Marshal警部シリーズの第1作目とのことです。

 もちろん英語の本なのですが、イタリアを舞台にしているだけあって、登場人物の名前がイタリア風なのですが、慣れていないせいか覚えられなくて、登場人物がわかりにくかったですね。例えば、「Cipriani」、「Cipolla」、「Cesarini」。なんで、こんな見分けがつかないような名前ばかりなんだ~って感じです(笑)。イタリアの名前ってCで始まるものが多いんでしょうか。

 他にも「Via Maggio」、「Via Romana」みたいにイタリア語がところどころに出てきます。

 1万4千語あるだけあって、ストーリーはかなりしっかりしていたと思います。主人公のMarshal警部もなかなかいい味を出していますね。

 この本は1400語レベルのStage4ですが、英文はやや難しめに感じました。

 
 今日までの多読語数 1,871,300語(82冊目)
スポンサーサイト



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。