全記事(数)表示

全タイトルを表示

Google

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

My 英単語帳

iknow!


コミュニティ

ヤフーログール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



Romeo and Juliet (ロミオとジュリエット)

Romeo and Juliet: Level 3 (Penguin Longman Penguin Readers)Romeo and Juliet: Level 3 (Penguin Longman Penguin Readers)
(2002/06/03)
William Shakespeare

商品詳細を見る


 「Romeo and Juliet (Penguin Level 3)」YL:3.2 総語数14,900 ★★★★

 シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」です。レオナルド・ディカプリオの表紙だったので、彼の主演した「ロミオ&ジュリエット」の原作なのかなと思いましたが、表紙と内容は全く関係なくて、「ロミオとジュリエット」の劇の台本でした。確かにシェイクスピアは「ロミオとジュリエット」の本を書いたわけじゃなくて、台本を書いたんですもんね。とはいえ、ちょっと騙されたような気もしたのですが、とりあえず読んでみようということで読み始めました。

 台詞だけで、状況の説明も無いので、最初は登場人物が良くわからず、登場人物の一覧といったりきたりで、辟易しましたが、読み進んで状況がわかってくるにつけ、どんどん面白くなってきました。さすがはシェイクスピアというか、そうじゃないとこれほど有名な作品にはなりませんよね。読み始めて正解でした。

 実はロミオとジュリエットの詳しい話の内容を知らなかったので、ストーリーは結構楽しめました。それにしてもロミオはちょっと惚れやすすぎですね(笑)。

 ロミオとジュリエットの台詞も読んでいるこちらが恥ずかしくなってきます

 若さっていいですよね

 今日までの多読語数 1,737,000語(78冊目)
スポンサーサイト



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。