全記事(数)表示

全タイトルを表示

Google

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

My 英単語帳

iknow!


コミュニティ

ヤフーログール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



「Gulliver's Travels(ガリバー旅行記)」

Gulliver's Travels: 1400 Headwords (Oxford Bookworms Library)Gulliver's Travels: 1400 Headwords (Oxford Bookworms Library)
(2007/11/15)
Jonathan Swift

商品詳細を見る


 「Gulliver's Travels (Oxford 4) Jonathan Swift」YL:4.0 総語数 15,325語 ★★★★★
 
 とてつもなく有名な「ガリバー旅行記」です。

 ガリバー旅行記というとすぐに思い出すのが、本の表紙にもなっている、気を失っている間に小人たちに縛られるという場面です。小人の国、巨人の国、空飛ぶ島ラピュタへ行くといったことは覚えていたのですが、改めて読むと、驚いたというか、目からウロコというか、ガリバー旅行記というのはただの観光旅行記じゃないんだということが良くわかりました。

 小人、巨人、フウイヌムに住む馬たち、彼らは彼らなりの社会、価値観を持っているのですが、彼らは当時の人間の生活に懐疑的というか、批判的な見方をしています。作者は彼らを通じて社会批判をしているんでしょうね。

 あと、面白かったのが、巨人の国とか、ラピュタというのは太平洋にあるんですね。東アジアのことを極東(Far East)といいますが、やはり18世紀の英国人にとっては、地の果てと言えば極東の先といったイメージなんですね。

 魔法使い達の国、グラブダブドリッブに行った後、ガリバーは日本に立ち寄るのですが、本書では1行だけでしか触れられていないのが残念です。一度、原書を読んでみたいものです。
  
 今日までの多読語数 2,673,500語(135冊目)


応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



スポンサーサイト

「One-way Ticket - Short Stories (片道切符)」

One-way Ticket - Short Stories: 400 Headwords (Oxford Bookworms Library)One-way Ticket - Short Stories: 400 Headwords (Oxford Bookworms Library)
(2007/11/29)
J. Bassett

商品詳細を見る


 「One-way Ticket - Short Stories (Oxford 1)」YL:1.0 総語数 5,250 ★★★

 列車を舞台にした3本の短編が収録されています。ちなみにタイトルは、

 「The Girl with Green Eyes」

 「South for the Winter」

 「Mr Harris and the Night Train」

 3本ともどこかで読んだことがあるようなお話です。しかも読んでいるうちに落ちが読めてきます・・・。

 最初の短編が男性としてはちょっと面白かったかな。

  
 今日までの多読語数 2,658,200語(134冊目)



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



第149回 TOEICテストの結果詳細

第149回 TOEICテスト結果の詳細が送られてきました

一番の弱点は・・・


やはり語彙力でした

語彙力。平均を下回っています・・・

パーセンタイルランクは55%。

文法が理解できるもほぼ平均並ですね。

読解力のパーセンタイルランクは3つとも80%を超えています。

多読はわからない単語を飛ばし読みしているので、当たり前ですが、語彙力がついていません。英語を読む耐久力とか、英文から内容を推測する力とかがついているということですかね。

TOEICでは、継続的なヒアリングと単語力、文法力の向上が必要との結果が出ています。

趣味の多読を減らして、真面目にヒアリングに取り組みましょうかね。

通勤時に英語のヒアリングをしていると、ついつい寝ちゃうんですよね


応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



海辺のカフカ (村上 春樹 :Kafka on the Shore)

海辺のカフカ〈上〉海辺のカフカ〈上〉
(2002/09/12)
村上 春樹

商品詳細を見る



 「海辺のカフカ (村上 春樹)」 ★★★★

 海辺のカフカ、村上春樹です。

 村上春樹の本を読んだのは「1Q84」だけですが、この本も1から10まで、村上春樹の本というか、作者の名前を聞いていなくても、村上春樹の本とすぐわかりますね。非常に特徴的ですね。

 あいかわらず、不思議な世界観というか、現実と非現実の境目を話がいったりきたりします。謎が謎を呼んで、話は進行していくのですが、終わりに近づいても、いまいち収束しないというか不思議なまま話は終わってしまいます。

 ナカタさんはどうして影が半分になってしまったのか、白い謎の生命体は何なのか、その生命体がジョニーウォーカーに取り付いていたのか、田村カフカ君とはいったい何?誰なのか?

 最後まで読んでもいろんなことが謎のままな変な感じです。

 自分としてはわかりやすいカチッとした話が好きなので、変な読後感が残ってしまいます。

 「少年カフカ」という、海辺のカフカ公式ホームページの作者読者間のQ&Aを取りまとめた本があるそうですね。その本も読んでみたい気がしますね。

海辺のカフカ〈下〉海辺のカフカ〈下〉
(2002/09/12)
村上 春樹

商品詳細を見る



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



第149回 TOEICテストの結果発表

 TOEIC第149回の結果がネットで発表されました。

 ちょっとドキドキしながら、結果を見ましたが・・・

 リスニング360点、リーディング320点の合計680点でした。

 実はひそかに700前半くらいは取れているのではとひそかに期待していたので、たぶんパソコンの前でこんな顔をしていたと思います 

 これまでのTOEICの結果と比べてみると・・・

 リスニング進歩なし。リーディングも昔の水準に大戻りです。

 2009年9月  680点(L360、R320)
 2008年5月  775点(L355、R420)
 2008年3月  690点(L355、R335)
 2007年11月 700点(L375、R325)
 2007年7月  620点(L320、R300)

 2008年前半は結構勉強していました。TOEICパートⅤ、Ⅵ対策をかなりしたのでその効果があったんだと思います。その後、英語の勉強もしていないのに700台をキープできると考える方が甘いですよね・・・

 TOEICはやはり甘くは無いです。



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



2009年7~9月の英語学習記録

①洋書多読

1「No. 1 Ladies' Detective Agency(Penguin Level3)」 YL:3.4 総語数 15,600 ★★★
2「Global Warming:History,Science and Politics (洋販 L5)」 YL:4.0(推定) 総語数 8,470 ★★★★
3「Matilda (Roald Dahl)」YL:6.5 総語数39,785 ★★★★★
4「Blood Ties (Penguin Level 3)」YL:3.2 総語数9,500 ★★★
5「The Wind in the Willows (Oxfoard Level 3)」YL:3.2 総語数11,000 ★★★★
6「The Forests of Silence 【Deltora Quest 1】」YL:5.5 総語数26,803 ★★★★★
7「Daddy-Long-Legs (洋販 L4)」YL:4.0(推定) 総語数26,190 ★★★★★
8「MILLENNIUM THE YEAR 2000 (PENGUIN Level3)」」YL:3.3 総語数6,600 ★★
9「Dr No ( Ian Fleming)」」YL:3.8 総語数25,000 ★★★★
10「Vampire Killer: Comic-strip (Oxford Level 0)」」YL:0.8 総語数800 ★★★★
11「The Lake of Tears 【Deltora Quest 2】」YL:5.5 総語数25,672 ★★★★
12「Bushido : The Soul of Japan(洋販 L5)」YL:5.0 総語数16,800 ★★★★★
13「City of the Rats 【Deltora Quest 3】」YL:5.5 総語数26,242 ★★★★
14「Survive!: Interactive (Oxford Level 0)」YL:0.8 総語数 1,500 ★★★★
15「The Shifting Sands 【Deltora Quest 4】」YL:5.5 総語数26,714 ★★★★
16「Dread Mountain 【Deltora Quest 5】」YL:5.5 総語数26,494 ★★★★
17「Treasure Island (洋販 L3)」YL:4.0 総語数17,140 ★★★★★
18「The Maze of the Beast 【Deltora Quest 6】」YL:5.5 総語数26,388 ★★★★
19「ESCAPE (OXFORD Level 0)」YL:0.8 総語数1,500 ★★
20「Drive into Danger (OXFORD Level 0)」YL:0.8 総語数1,500 ★★★
21「The Valley of the Lost 【Deltora Quest 7】」YL:5.5 総語数25,495 ★★★★★
22「Return to Del 【Deltora Quest 8】」YL:5.5 総語数 26,937 ★★★★★

計22冊 392,130語

 先日、7月から読み始めたデルトラクエスト8冊を読み終わりました。久しぶりの達成感です

 せっかくなので、この3ヶ月の英語学習記録というか洋書読書記録です。印象に残っているのは後半になって面白さを増したデルトラクエストと、やはりダールは面白いということで「マチルダ」ですね。

 それから、1年半ぶりにTOEICも受験しました。第149回TOEICテストのネットでの結果発表は明日らしいですね。何点取れているのか楽しみです



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



「Return to Del 「Deltora Quest 8」 (帰還)」

Return to Del (Deltora Quest)Return to Del (Deltora Quest)
(2001/11)
Emily Rodda

商品詳細を見る


 「Return to Del 【Deltora Quest 8】(Emily Rodda)」YL:5.5 総語数 26,937 ★★★★★

 デルトラクエスト8巻「帰還」です。

 ついに、デルトラのベルトを完成させたリーフ達。しかし、デルトラのベルトが真の力を発揮するためには、前国王エンドンの世継ぎがベルトを身につけなくてはなりません。国王の世継ぎはどこにいるのか。世継ぎを探すリーフ達の旅が続きます。

 この巻はとても面白いです!!

 デルトラクエストの最初の方の巻は、正直なところ、やっぱ子供向けの本だなと思わせるところがありました。星も四つにしていたのですが、7巻から盛り上がり始めて、最終巻で爆発したといったところでしょうか。

 海外のファンタジー小説の王道というか、最初は小さな流れが、話が進むにつれて、いろいろな流れが合流して、最後には大河となって流れていく。これまでの7巻のストーリー全てがこの巻の伏線になっています。

 これまで、謎となっていたことの秘密も全て明らかになります。予想通りだったものもあれば、大どんでん返しに次ぐ、大どんでん返しのものもありました。興奮に次ぐ興奮で最後まで楽しめました。シリーズ物は最後まで読んでみないと、その価値はわからないですね。デルトラクエストは最終巻でだいぶ評価が上がりました。

 
 今日までの多読語数 2,653,000語(133冊目)



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。