全記事(数)表示

全タイトルを表示

Google

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

My 英単語帳

iknow!


コミュニティ

ヤフーログール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



Dr No (007 ドクター・ノオ)

Dr No: Intermediate (Macmillan Readers)Dr No: Intermediate (Macmillan Readers)
(2006/09/01)
Ian FlemingF.H. Cornish

商品詳細を見る


「Dr No ( Ian Fleming)」」YL:3.8 総語数25,000 ★★★★

 007の映画では記念すべき第1作目となった、ドクター・ノオです。

 原作は、もう、50年近く昔に書かれた本なんですね。もちろん、スパイ小説なのですが、昔の話というのは殺伐としすぎていないというか、いろいろな間があったり、ストーリーも単純明快というところがいいですね。

 もちろん、超絶美女のボンドガールもでてくるのですが、偶然、島で出合って、一緒に逃げていただけなのに、再会したときには、「I love you,James. Please don't leave me again.」となってしまうことには毎度ながら驚かされます。

 まさにボンドマジックですね 

 今日までの多読語数 2,416,300語(120冊目)



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



スポンサーサイト

MILLENNIUM THE YEAR 2000 (千年紀)

millennium.png

 「MILLENNIUM THE YEAR 2000 (PENGUIN Level 3)」」YL:3.3 総語数6,600 ★★

 2000年を迎えるにあたって、世界各地で行われるイベントや、予言、星占いなどが紹介されています。本というよりは、2000年にちなんだものを集めている雑誌といった感じですね。今となっては懐かしい、2000年問題なども紹介されています。 

 2000年が過ぎてしまうと、さすがにこの手の本は売れないということで、もう絶版本になっているみたいです。

 この本にでてくるALEXの服がすごいんですよね。桂小五郎とか、久坂玄瑞、山県狂介といった幕末の志士の名前がたくさん書かれている、侍アニメの服を着ています。笑えます。

 今日までの多読語数 2,391,300語(119冊目)



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



ヒトは食べられて進化した~ Man the Hunted (ドナ・ハート)

ヒトは食べられて進化したヒトは食べられて進化した
(2007/06/28)
ドナ・ハートロバート W.サスマン

商品詳細を見る


 「ヒトは食べられて進化した (ドナ・ハート)」 ★★★★

 結構、衝撃的な書名ですよね。

 原始人のイメージといえば手に槍などの武器を持って、野生動物を探し出して狩りをするというもの。そう、ちょうど子供の頃にテレビで見た、「はじめ人間ギャートルズ」のように、マンモスなどを集団で倒して、その肉を食べるというものですが、この本はどちらかといえば、人間の祖先は狩りをするというよりは、食べられる方だったということを解説しています。

 昔、最も古い人類の祖先といえば、400万年くらい前の「アウストラロピテクス」だと思っていましたが、この本では最近発見された600から700万年近く昔の人類の祖先「サヘラントロプス・チャデンシス」が紹介されています。その頃の人類の祖先は武器も使えない、かよわい存在でしたが、ヒョウ、虎、オオカミ、ハイエナ、ワニ、ワシなどに食べられないようにするために、社会性を身につけ、コミュニケーションを覚え、脳を発達させていったということみたいです。

 確かに、食べられずに生き残り続けた個体が子孫を繁栄させていったと考えると、書名は衝撃的ですが、著者の言うことは正しいんでしょうね。

 野生動物に生きながら食べられるというのは、人間にとって悪夢ですが、人間がそう感じるのも、長い間、野生動物に食べられていたせいで、そう感じるらしいです。赤頭巾ちゃんもオオカミが人を食べるという事実をもとに作られていると。

 う~ん。恐ろしいですね。



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



Daddy-Long-Legs (あしながおじさん)

あしながおじさん (洋販ラダーシリーズ)あしながおじさん (洋販ラダーシリーズ)
(2007/09)
ジーン ウェブスター

商品詳細を見る


 「Daddy-Long-Legs (Jean Webster)」YL:4.0(推定) 総語数26,190 ★★★★★

 名作「あしながおじさん」です。昔、小学生くらいの時に読んだことがあるので、なんとなくあらすじを覚えているところもありましたが、改めて読んでみるとやっぱり名作だなあと思います。

 孤児院で暮らすジュディを、あしながおじさんが援助して、大学に進学させてくれるというお話なんですが、ジュディの書く手紙が本当に生き生きしていて、楽しそうで、青春真っ盛り!!!若いっていいな~。自分も学生に戻りたいと感じてしまいます(笑)。

 人生で最も楽しいときだけを切り取ったような、このお話がつまらないわけないですよね。面白かったです。

 ジュディの書く、挿絵もいい味出しているんですよね。特に最初の年の12月9日の手紙の「DO YOU HAVE HAIR?」の挿絵は最高というか、「あ~、これこれ、この挿絵は覚えている」と嬉しくなりました。


 今日までの多読語数 2,384,700語(118冊目)



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



The Forests of Silence 「Deltora Quest 1」(沈黙の森)

The Forests of Silence (Deltora Quest)The Forests of Silence (Deltora Quest)
(2007/05)
Emily Rodda

商品詳細を見る


 「The Forests of Silence 【Deltora Quest 1】(Emily Rodda)」YL:5.5 総語数26,803 ★★★★★

 デルトラクエスト1巻「沈黙の森」です。なにかシリーズ物が読みたいなということで、デルトラクエストを読み始めました。デルトラクエストは第1シリーズが8巻あります。1巻3万語弱ということで、2,3日あれば読める分量ですし、文体もそれほど難しくなくて、多読向きですね。ただ、単語は結構難しいのがばんばんでてきます・・・

 内容は題名のとおり冒険ファンタジー物です。デルトラ王国を守っていた7つの宝石が奪われてしまい、それを取り戻す旅が始まります。内容としてはよくあるパターンですし、登場人物の描写なども、もう一つなところもあったりしますが、話の展開はスピーディーでぐいぐい読むことができます。ストーリーは小学校高学年向けだと思いますが、大人が読んでも十分面白いですね。

 まずは第1シリーズ完走目指して読んでいこうと思います。


 今日までの多読語数 2,358,500語(117冊目)



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



The Wind in the Willows (たのしい川べ)

The Wind in the Willows: Level 3 (Bookworms Series)The Wind in the Willows: Level 3 (Bookworms Series)
(2000/11/09)
Kenneth Grahame

商品詳細を見る


 「The Wind in the Willows (Oxfoard Level 3)」YL:3.2 総語数11,000 ★★★★

 有名な児童文学でアニメにもなっているようです。主要な登場人物?はモグラくん、ねずみくん、アナグマくん、ガマガエルくんの4人です。川辺に住む4人が春の訪れとともに活動を始め、楽しいひと時を過します。

 ほのぼのとしたお話が多いのですが、一人切れちゃっているのが、大金持ちのガマガエル君ですね。最初は気前のいい大金持ちといった感じだったのですが、徐々に彼の持つ危ない一面が見えてきます。

 この本はイラストもいいです。上の表紙のイラストはアナグマくんとモグラくんですね。このイラストは、ややリアル系ですが、中のイラストはよりデフォルメされていてかわいらしいです。ガマガエルくんの表情がとても豊かに描けていていいですね。

 なお、「The Wind in the Willows」は以下のリンク先で読むことができます。

 The Wind in the Willows 全文

 今日までの多読語数 2,331,700語(116冊目)


応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



1984年 (ジョージ・オーウェル)

1984年 (ハヤカワ文庫 NV 8)1984年 (ハヤカワ文庫 NV 8)
(1972/02)
ジョージ・オーウェル新庄 哲夫

商品詳細を見る


 「1984年 (ジョージ・オーウェル)」 ★★★★★

 村上春樹の「1Q84」を読んで、その本の中で触れられていた、ジョージ・オーウェルの「1984年」を読みました。正直なところ、村上春樹の「1Q84」の評価は微妙ですが、ジョージ・オーウェルの「1984年」は凄いですね。傑作だと思います。

 まず、驚かされるのがこの本が第二次世界大戦終了後の1940年代後半に書かれた話だということです。今、読んでもジョージ・オーウェルの作り上げた未来の仮想世界は斬新かつ緻密で驚かされます。

 この本ではスターリン支配下のソビエトのような、全体主義国家によって支配されている社会。党員の全ての行動や思想が管理下におかれ、異端者は思想警察に捕らえられ、拷問にかけられるという、想像するだけでも恐ろしい世界が描かれています。

 本心を話すことも表情に浮かべることさえできない社会、子供が親を、友人が友人を密告する社会、絶え間ない戦争、常に書き換えられる過去と真実。この本を読むと、真実とは何なのか、人間の幸せとは何なのかを深く考えさせられます。

 内容は重く、暗く、絶望的ですが、これだけ圧倒的な影響力がある本はそうそうないでしょうね!




応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



Blood Ties (Penguin Level 3)

Blood Ties (Penguin Joint Venture Readers)Blood Ties (Penguin Joint Venture Readers)
(2000/10/26)
Nigel Hinton

商品詳細を見る


 「Blood Ties (Penguin Level 3)」YL:3.2 総語数9,500 ★★★

 表紙のとおり、ホラー・サスペンス小説です。

 ある科学者が、普通の兵隊を、勇敢な兵隊に変える薬品を研究したものの、研究は失敗。薬品を飲んだ男は勇敢になったものの狂い、30名もの同僚を殺害します。その結果に驚いた、軍と科学者は薬品を密閉して深い湖に投棄するのですが・・・。

 その数十年後、ある古い容器が壊れ、薬品が流れ出し・・・

 ある島に遊びに来た2家族のお話です。隔離された環境で起こる惨事ということで、ホラーの王道のような設定ですが、結構残酷な話なんですよね・・・

 そもそも、そんな危ない薬品を湖に捨てるなよと

 今日までの多読語数 2,320,700語(115冊目)


応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



Matilda (マチルダは小さな大天才)

MatildaMatilda
(2007/08/16)
Roald Dahl

商品詳細を見る


 「Matilda (Roald Dahl)」YL:6.5 総語数39,785 ★★★★★

 ロアルド・ダールの「マチルダ」です。前々から、ロアルド・ダールの本だし面白いんだろうな、読みたいなと思っていました。今回、読んでみて、期待にたがわないというか、ロアルド・ダール節が全開でとても面白かったです

 まず、マチルダがとてもかわいらしいですね。邦題のとおり、マチルダは小さな大天才です。外見はまだ5歳の小さなかわいらしい女の子ですが、誰からも習っていなくても、掛け算が得意ですし、愛読書は「チャールズ・ディケンズ」です

 だけども周りにいる両親や大人達は問題のある人たちばかりで・・・・。マチルダはその素晴らしい才能を使って大人たちが巻き起こす問題を切り抜けて行きます。

 小さな子供たちが生き生きと活躍するお話。ほんとにロアルド・ダールらしい1冊ですね。

 表情豊かな、クェンティン・ブレイクの挿絵も相変わらずいい味出してますよ


 今日までの多読語数 2,311,200語(114冊目)


応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



Global Warming:History,Science and Politics (地球温暖化)

Global Warming:History,Science and Politics―地球温暖化 (洋販ラダーシリーズ)Global Warming:History,Science and Politics―地球温暖化 (洋販ラダーシリーズ)
(2007/01)
石井 正仁

商品詳細を見る


「Global Warming:History,Science and Politics (地球温暖化)」 YL:4.0(推定) 総語数 8,470 ★★★★

 洋販ラダーシリーズ、レベル5の「Global Warming」です。レベル5ということで、使用語数は制限無しのランクですが、作者が日本人のためか、文が簡潔で読みやすいですね。すらすら読めます。

 内容は地球温暖化の仕組みや対策の歴史を簡単に説明してくれます。中高生でも問題なく理解できるくらいのレベルですが、いろいろと驚かされることも多々あります。

 オゾン層を1気圧0℃、つまり地上の環境にオゾン層をもってきたとすると、わずか3mmの薄い層になることとか、世界中の氷をオーストラリア大陸に乗せると、厚さ4.3kmの氷になることとか、改めて驚かされますね。海面を60~70m上昇させるくらいの氷はやはりでかいです。

 日本と関係の深い京都議定書(Kyoto Protocol)の話も出てきます。

 今日までの多読語数 2,271,400語(113冊目)





応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



ハチはなぜ大量死したのか ローワン・ジェイコブセン

ハチはなぜ大量死したのかハチはなぜ大量死したのか
(2009/01/27)
ローワン・ジェイコブセン

商品詳細を見る


 「ハチはなぜ大量死したのか ローワン・ジェイコブセン」 ★★★★★

 2006年秋、北半球の1/4のミツバチが失踪しました。蜂群崩壊症候群(Colony Collapse Disorder、CCD)と名づけられた現象がなぜ発生してしまったのか。この本では、いろいろな角度から検証を進めていきます。

 アメリカの工業化された農業、その農業でミツバチが果たしている役割、驚くべきミツバチ社会の内容など、本書を読むことでいかにミツバチが人間の経済に組み込まれているのか、人間が効率を追い求めた結果としてミツバチがどれほど過酷な環境に追い込まれているのかが良くわかります。

 ブルーベリーもチェリーもメロンもリンゴもアーモンドもコーヒー豆も、きゅうりやトマトやピーマンも花が受粉できなければ、当然ながら実はなりません。受粉のための昆虫は農薬で死に絶え、受粉に駆り出されたミツバチ達は大量失踪してしまう。何かがおかしいのではないかという著者のメッセージは強烈です。

 環境の大切さを教えてくれるだけでなく、自然の営みがいかに奇跡的なバランスの上に成り立っているのかを教えてくれる本でもあります。

 超お勧めの1冊です。読み終えると、ミツバチへの親近感が100%UPです!!







応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



No. 1 Ladies' Detective Agency (No.1レディーズ探偵社、本日開業)

No. 1 Ladies' Detective AgencyNo. 1 Ladies' Detective Agency
(2006/03/16)
Anne Collins

商品詳細を見る


「No. 1 Ladies' Detective Agency (No.1レディーズ探偵社、本日開業)」 YL:3.4 総語数 15,600 ★★★

 最近、英語の勉強は全くしていません。細く長く続けないと、いかんということで、久々に英語の本を読みました。

 「No. 1 Ladies' Detective Agency」という本なのですが、舞台はなんとアフリカのボツワナ。しかも、ボツワナ唯一の女性探偵という設定です。

 彼女が身近な事件から大きな事件までいろいろなものを解決していくのですが、やはり印象的だったのは"muti"に関する話でした。南アフリカの伝統医学というか、呪術医の使う薬らしいのですが、う~む恐ろしいといった感じでした。

 話のほうはたんたんと進んでいくような感じで、もう少し深みがあればいいのにな~といった感じでした。GRだから、その辺りはしょうがないですかね。


 今日までの多読語数 2,262,900語(112冊目)



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。