全記事(数)表示

全タイトルを表示

Google

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

My 英単語帳

iknow!


コミュニティ

ヤフーログール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



合衆国再生 (The Audacity of Hope)

合衆国再生―大いなる希望を抱いて合衆国再生―大いなる希望を抱いて
(2007/12/14)
バラク・オバマ

商品詳細を見る


 「合衆国再生 (The Audacity of Hope) バラク・オバマ」 ★★★★★

 オバマ大統領の「合衆国再生」を読みました。

 本書が書かれたのは2006年ということで、ほぼ3年前、民主党上院議員の時に書かれたものです。当時は金融危機も起こっていなかったので、経済再生といったテーマではないのですが、米国の抱える様々な問題点についてのオバマ大統領の考えが書かれています。

 民主党と共和党がどういった立場に立っているのか。米国の政治の枠組みがこの本を読めばよくわかります。最近、話題の「グリーンニューディール」や「万能細胞」、「イラク問題」についてオバマ大統領がどう考えているのかが良くわかりました。

 あと、この本を読んで凄く伝わってくるのはオバマ大統領の人柄ですね。良識があって、良き社会人で、良き家庭人でもあります。複雑な家庭環境で育ち、少年時代をインドネシアで育った彼が、どうして米国大統領になれたのか、わかるような気がします。

自家用ジェットでアメリカ中を飛び回って、難しい法案を通す上院議員という立場がある一方で、家族のために「蟻退治用の罠」を買って帰るエピソードには、世の中のお父さんはみんな同じなんだなという共感が持てました!



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



スポンサーサイト

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。