全記事(数)表示

全タイトルを表示

Google

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

My 英単語帳

iknow!


コミュニティ

ヤフーログール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



Matilda (マチルダは小さな大天才)

MatildaMatilda
(2007/08/16)
Roald Dahl

商品詳細を見る


 「Matilda (Roald Dahl)」YL:6.5 総語数39,785 ★★★★★

 ロアルド・ダールの「マチルダ」です。前々から、ロアルド・ダールの本だし面白いんだろうな、読みたいなと思っていました。今回、読んでみて、期待にたがわないというか、ロアルド・ダール節が全開でとても面白かったです

 まず、マチルダがとてもかわいらしいですね。邦題のとおり、マチルダは小さな大天才です。外見はまだ5歳の小さなかわいらしい女の子ですが、誰からも習っていなくても、掛け算が得意ですし、愛読書は「チャールズ・ディケンズ」です

 だけども周りにいる両親や大人達は問題のある人たちばかりで・・・・。マチルダはその素晴らしい才能を使って大人たちが巻き起こす問題を切り抜けて行きます。

 小さな子供たちが生き生きと活躍するお話。ほんとにロアルド・ダールらしい1冊ですね。

 表情豊かな、クェンティン・ブレイクの挿絵も相変わらずいい味出してますよ


 今日までの多読語数 2,311,200語(114冊目)


応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



スポンサーサイト

Emil and the Detectives (エーミールと探偵たち)

Emil and the Detectives (Red Fox Classics)Emil and the Detectives (Red Fox Classics)
(2001/04/05)
Erich Kastner

商品詳細を見る


 「Emil and the Detectives(Erich Kästner)」 YL:6.4 総語数 33,000 ★★★★★

  エーリッヒ・ケストナーの児童書、「エーミールと探偵たち」です。舞台は20世紀初頭のベルリン。ある事件に巻き込まれたエーミールが、ベルリンの子供たちと協力しながら、犯人を捜します。

 久々に児童書らしい児童書を読みました。主役は子供たちです。エーミールと彼を助ける子供たちがとても生き生きと描かれています。この本を読めば、自分も少年探偵団の一員になって、現場に参加しているような気分になれます。臨場感たっぷりで読んでいてわくわくしますね。

 良い子のエーミールから、子供たちのリーダーのグスタフ、参謀のプロフェッサーと子供たちのキャラクターも様々で楽しいです。

 エーミールの家族、親戚の触れ合いも暖かくて、読み終わるとハッピーな気持ちにもなれますよ。


 今日までの多読語数 2,079,800語(101冊目)




応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



The Witches (魔女がいっぱい ロアルド・ダール)

The WitchesThe Witches
(2007/08/16)
Roald Dahl

商品詳細を見る


 「The Witches (Roald Dahl)」YL:6.5 総語数36,547 ★★★★★

  「Charlie and the Chocolate Factory」(チョコレート工場の秘密)で有名なロアルド・ダールの本です。「Charlie and the Chocolate Factory」は映画で見ただけだったので、ロアルド・ダールの本を読むのは初めてだったのですが、児童書らしい児童書でとても楽しく読めました。

 この本にはタイトルどおりたくさんの魔女が登場します。魔女といっても「ハリーポッター」に出てくるハーマイオニーのようなかわいらしい魔女ではなくて、ちょっとおそろしい魔女ですね。そんな魔女が実は地球上にたくさん住んでいるという。面白いんだけどちょっとホラー風味もある児童書です。

 恐ろしい魔女なんですが、見た目は全く普通の人と一緒、だけどもいくつか見分ける方法があります。まず、魔女はみんな「はげ頭」でカツラをつけています。それから、いつも手袋をしていて、つま先が無い。しかも鼻の穴が大きい。

 この魔女たちは子供が大嫌いなんですね。なぜかというと、彼女たちには子供のにおいが「Dogs' droppings」の匂いのように感じられるからなんだそうです。なので、魔女たちは子供たちをひどく嫌っています。そんな「Real Witches」と7歳の少年が出会ったとき何がおきるのか。とても面白くて、心あたたまるお話なので、ぜひ読んでいただきたいです。私もロアルド・ダールがいっぺんに好きになってしまいました。

 あと、挿絵もすばらしいですねえ。最初はなんか適当な挿絵だなあと思って見ていたのですが、だんだんと味わいがわかってくるというか、たまらなくかわいらしくて暖かみのある絵ですね。「クエンティン・ブレイク」というイラストレイターが描いているとのことですが、彼の挿絵に出会えたのもひとつの収穫でした。


 今日までの多読語数 1,566,100語(65冊目)



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



Memoirs of a Geisha (さゆり)

Memoirs of a Geisha (Penguin Joint Venture Readers)Memoirs of a Geisha (Penguin Joint Venture Readers)
(2000/08/24)
Arthur Golden

商品詳細を見る


 「Memoirs of a Geisha (Penguin Readers Level6) 」YL:6.0 総語数 29,000語 ★★★★★

 この本のことは前から知っていましたが、外人さんが書いた芸者本だし、とんでも本なんじゃないかとずっと思っていました。いい意味で久しぶりに裏切られたというか、GR版でもすごいと感じさせてくれる本ですね。こんなことなら、最初から原書にチャレンジしておくんだったとすこし後悔しました。

 この話は、NYに住んでいる祇園でもトップクラスだった芸者から著者が彼女の半生をインタビューして、それを彼女の死後に本にしたという形を取っています。本を実際に読んでみると、日本人の自分が読んでもおかしくないというか、これぞ花柳界といった世界が緻密に丁寧に描かれています。まさに情景が頭に浮かぶというか、とても外国人が想像で書けるものではないですね。これは日本人が書いたノンフィクション作品じゃないかというくらい具体的にエピソードが描かれています。実際に、この著者はかなりのインタビューを芸者さんにしたそうですが、おそらくはインタビューしたエピソードの骨格をそのまま利用して、小説を作り上げたのではないかと思われます。

 特に物語前半のさゆりが芸者になるまでの描写は異色の出来ですね。私も当然ながら花柳界とは無縁の一般人の生活をしておりますが、こういった本を読むと、華やかで粋な京文化に自分も触れてみたいなと思いますね。多分この本を読んだ世界中の男性が一度は京都の祇園に行ってみたいと思うのではないでしょうか。日本の誇れる京文化、芸者文化ですね。

 そのうち原書も読んでみようと思うのですが、洋書にするか、翻訳版にするか少し迷っています。京言葉で話しをしている「さゆり」を読むのも面白そうですしね!


 今日までの多読語数 1,423,200語




応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



Holes

HolesHoles
(2000/05/09)
Louis Sachar

商品詳細を見る


「Holes」 YL=6.5, 総語数=46938 ★★★★★

 この「Holes」が私の英語多読最初の本です。松澤先生の有名なウェブサイトに「英語・発音・語彙」という英語関連のサイトがあります。そのサイトにえらく感銘を受けた私は、書店で松澤先生の「単語耳」という著書を見つけて、早速買ってきました。

 その本は最初の120ページくらいが理論編で、残りが実践編です。実践編のほうは英単語1000語を100回繰り返すというものですが、根性無しの私はNHK紅白歌合戦で使っているようなカウンターをわざわざ買ってきたにも関わらず、すぐに投げ出してしましました。

 ただ、理論編のほうは発音編だけではなく、語彙編、多読編があり、その多読編のほうに最初の1冊として紹介されていたのが「Holes」でした。

 前置きが長くなってしまいましたが、思い入れがある1冊と言うことでご容赦を(笑)。

 読み始めると結構、変なお話なんですよね。主人公であるスタンリーはあることが理由でキャンプ「グリーン レイク」に連れて行かれます。そこは昔は広大な湖だったのですが、今は干上がってしまっています。灼熱の太陽の中、キャンプの少年たちは1日1つの穴を掘ることを強制されます。

 話が進むにつれて謎はひとつ、またひとつと増えてきます。話は現代だけでなく、時間も飛び越え複雑に伏線が張り巡らされていきます。そしてラストに向かって謎はひとつづつ明らかにされるのですが、話の展開の妙がすばらしいですね。

 初めて読んだときには伏線が全て把握できなくて、他の人の感想を読んで、「えっ、そんな話あったっけ」と確かめたこともありました。これが伏線になっていたのかと、ますます感心したりして(笑)

 最初の1冊ということでかなり過大評価かもしれませんが、この本だったからこそ、読みきれた気もしますし、この本を紹介してくれた松澤先生にも感謝しています。

 でもこの本YL:6.5なんですね。ダレンシャンよりも難しいのか。子供向けの本とはいえ、お話の密度は濃いですよ。ぜひ皆さんにお勧めしたいです。

「英語・発音・語彙」  http://www.scn-net.ne.jp/~language/


応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。