全記事(数)表示

全タイトルを表示

Google

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

My 英単語帳

iknow!


コミュニティ

ヤフーログール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



Sons of Destiny (ダレンシャン12)

Sons of Destiny (Cirque Du Freak: the Saga of Darren Shan (Mass Market))Sons of Destiny (Cirque Du Freak: the Saga of Darren Shan (Mass Market))
(2008/04)
Darren Shan

商品詳細を見る


「Sons of Destiny (ダレンシャン12)」YL:5.5、総語数 47,000語 ★★★★

 ダレンシャンシリーズ全12巻、ついに完読しました。ダレンシャンを読み始めたのは、たしか昨年の9月頃からだと思います。その後、TOEICの勉強をしたり、本がなかなか届かなかったりで、だいたい5ヶ月くらいかけて読み終わったことになります。ハリーポッターは洋書では1,6,7巻しか読んでいないので、シリーズ物で読み終わったのはダレンシャンが初めてになりますね!

 マラソンを走り終えたような気持ちでうれしいです\(^o^)/

 ダレンシャン12巻は「運命の息子」。まさにタイトルどおりの巻でしたね。どういった運命がダレン達を待ち構えているのかはぜひ本を読んでいただければと思います。

 それにしても、ダレンシャンの邦訳版は420万部も売れているんですね。私が読んでいるのは「THE NEW YORK TIMES BESTSELLING SERIES」でUS版なのですが、そこには150万部が売れたと書いてあります。日本の方が販売部数が多いのには驚かされます。ダレンシャン外伝として、「ダレンシャンインジャパン」という本があるそうなのですが、それだけ人気があるのであれば納得いきます。 今、ホームページを見てみたら、「英国で30万部売れたKOYASAN(高野山)も収録!」とあります。う~む。日本の霊山、高野山まで行っているのか。あなどれんなダレンシャン!
 
 でも、この作品が日本でこれだけ愛されるのもわかる気がします。前にも少し書きましたが、ストーリーやキャラクターが日本人が慣れ親しんでいる漫画っぽいんですよね。洋書なんですけど、少年ジャンプや少年サンデーを読んでいる気持ちになります。まあ、実際、少年サンデーで連載されているので、やはり親和性が高いんでしょうね。

 なんだかんだ言って、大好きだったダレンシャンとも、とうとうお別れです。寂しいです。今年の冬には「Cirque Du Freak」が公開されるそうなので、次にダレンシャンと会うのは映画の中ですね。


 今日までの多読語数 1,369,400語





応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



スポンサーサイト

Lord of the Shadows (ダレンシャン11)

Lord of the Shadows (Cirque Du Freak: the Saga of Darren Shan (Mass Market))Lord of the Shadows (Cirque Du Freak: the Saga of Darren Shan (Mass Market))
(2007/09)
Darren Shan

商品詳細を見る


「Lord of the Shadows (ダレンシャン11)YL:5.5、総語数 41,261語 ★★★★

 ダレンシャン11巻「闇の帝王」読み終わりました。全12巻、総語数約50万語に渡るこのシリーズも残り1冊を残すのみとなりました。11巻の感想を一言で言うと、ダークですね・・・。タイトルのとおりに闇といったところでしょうか。狂気が渦巻く世界となっています。

 「CIRQUE DU FREAK」の次の行き先はすべての悲劇の始まりとなった、ダレンの故郷です。ダレンは「CIRQUE DU FREAK」と行動をともにし、故郷へと帰るのですが、そこで待ち受けていた運命は懐かしい町並みと古くからの友人と・・・

 この本の作者「Darren Shan(主人公の名前と同じペンネーム)」はロンドン生まれのアイルランド育ちなんですが、その縁か、J.K.Rowlingの書評がUS版の表紙には掲載されています。ハリポタの作者もお勧めですよと出版社はいいたいんでしょう。ダレン・シャンはもともとホラー小説であって、ダークなのはしょうがないと思うのですが、ハリーポッターも結構ダークなところがある作品ですよね。7巻のハリー・ポッターと死の秘宝なんかは特にダークで、グハッマジか!と呻きながら読んでいました。子供向けの作品にも関わらず、単純な善悪ではなくて、作品全体にダークさを出すというのは、英国、アイルランドのお国柄なんでしょうか。

 指輪物語も作品全体にダークさが漂っていますが、作者のJ・R・R・トールキンもやはり英国人ですよね。逆にアメリカのイメージというと、「バットマン」、「スパイダーマン」ですからダークさの質が違うような気がします。読んだ小説の中では「ゲームの達人」なんか最もアメリカっぽい匂いがしますよね。別にアメリカ人が単純と言いたいわけではありません(笑)

 それはさておき、とうとう次は12巻「SONS OF DESTINY」とダレンシャンの最終巻にふさわしいタイトルです。ダレン・シャンを一言で表せと私が言われたら、躊躇なく選ぶ言葉が「DESTINY」です。運命はダレン達をどこに導くのか、運命を変えることはできるのか。最終巻楽しみです!

 今日までの多読語数 1,322,400語




応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



Cirque Du Freak 【ダレンシャン1】

Cirque Du Freak (Saga of Darren Shan)Cirque Du Freak (Saga of Darren Shan)
(2000/01/04)
Darren Shan

商品詳細を見る


Cirque Du Freak 【Saga of Darren Shan1】」★★★★★ YL:5.5、総語数 48,726語

 私の今の多読語数は127万語くらいですが、そのうちの1/3くらいがダレンシャンシリーズです。気がつけばこのシリーズとも長い付き合いです。小学館から邦訳版が発売されているほか、少年サンデーで漫画が連載されているのでダレンシャンについてはご存知の方も多いと思います。

 今、ダレンシャンシリーズの11巻を読んでいるところなのですが、このシリーズの中でお勧めの1冊を選べといわれれば、やはりこの1巻が一番のお勧めだと思います。Cirque Du Freak(奇怪なサーカス)という書名のとおり、この本の中でFreak showが行われます。

 どういったFreak showなのかはぜひ読んで味わっていただきたいのですが、読んでいる自分も一緒にFreak showを見ているような臨場感がこの本にはあります。まさに手に汗を握るというか、約5万語の本書ですが、週末の2日で読んでしまいました。

 Freak showの他にも、表紙にもなっているクモ、それからサブタイトルの「A living nightmare・・・」、いったい何が悪夢なのかと読みどころはいっぱいですし、話の展開もすばらしいと思います。

 一時期は消えていた映画化の話も年末公開に向けて動き出しているみたいですし、話題の先取りのためにもいかがでしょうか。ただ、ホラー小説だけに結構怖いですよ。怖いのや気持ち悪いのが苦手な方には余りお勧めできません。私も怖いのが苦手なので、かなりドキドキしながら読んでました(>_<)!!





応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



The Lake of Souls【Saga of Darren Shan10】

The Lake of Souls (Saga of Darren Shan) The Lake of Souls (Saga of Darren Shan)
Darren Shan (2003/10/06)
Collins

この商品の詳細を見る


「The Lake of Souls【Saga of Darren Shan10】」 YL:5.5、総語数 51320語 ★★★★

 ダレンシャン10巻「精霊の湖」です。ダレンシャンの最終編となるThe Vampire Destiny編の最初の巻になります。ダレンと行動を共にするリトルピープルのハーキャット。彼はいったい何者なのか。失われた記憶を取り戻す旅が始まります。

 作品の途中から登場するハーキャットですが、彼の存在感は巻を追うごとに、どんどん大きくなってきますね。今ではダレンの最高の親友といってもいいのではないでしょうか。指輪物語でいうと、フロドとサムですかね。二人のお互いを思いやる気持ちには心打たれるものがあります。

 ところで、この巻のタイトルの下にあるフレーズ「Fish for the dead」ですが、見たときに最初に思ったのが「死者を釣り上げろ???」。「fish for」で「探す」という意味があるんですね。「死者を探しだせ」といったところなんでしょうか。

 I am fishing for dates. なんかナンパしているみたいですね(^_^;)

今日までの多読語数 1,276,600語



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



Killers of the Dawn【Saga of Darren Shan9】

Killers of the Dawn: The Saga of Darren Shan (Cirque Du Freak: the Saga of Darren Shan)Killers of the Dawn: The Saga of Darren Shan (Cirque Du Freak: the Saga of Darren Shan)
(2006/05/10)
Darren Shan

商品詳細を見る


「Killers of the Dawn【Saga of Darren Shan9】」 YL:5.5、総語数 40000語 ★★★★

 ダレンシャン9巻「夜明けの覇者」です。The Vampire War編3巻の最終巻で物語のひとつの区切りがこの巻でつきます。ダレン達バンパイアとバンパニーズ大王(The Lord of the Vampanese)の戦いが始まります。

 ただただ、やりきれない気持ちが残ってしまう巻ですね。話の展開としては、やっぱりそうきたか!ということなんですが、このやりきれない気持ちをどこにぶつければいいんでしょうか。

 ダレンシャンは全12巻なので、残すところわずかに3巻です。次はVampire Destiny編です。



 今日までの多読語数 今日までの多読語数 1,200,900語


 おお!この巻で120万語を突破しました!12~1月は通勤時間にペーパーバックを読んでいるのでペースが早いです(^^)



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。