全記事(数)表示

全タイトルを表示

Google

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

My 英単語帳

iknow!


コミュニティ

ヤフーログール

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



「Gulliver's Travels(ガリバー旅行記)」

Gulliver's Travels: 1400 Headwords (Oxford Bookworms Library)Gulliver's Travels: 1400 Headwords (Oxford Bookworms Library)
(2007/11/15)
Jonathan Swift

商品詳細を見る


 「Gulliver's Travels (Oxford 4) Jonathan Swift」YL:4.0 総語数 15,325語 ★★★★★
 
 とてつもなく有名な「ガリバー旅行記」です。

 ガリバー旅行記というとすぐに思い出すのが、本の表紙にもなっている、気を失っている間に小人たちに縛られるという場面です。小人の国、巨人の国、空飛ぶ島ラピュタへ行くといったことは覚えていたのですが、改めて読むと、驚いたというか、目からウロコというか、ガリバー旅行記というのはただの観光旅行記じゃないんだということが良くわかりました。

 小人、巨人、フウイヌムに住む馬たち、彼らは彼らなりの社会、価値観を持っているのですが、彼らは当時の人間の生活に懐疑的というか、批判的な見方をしています。作者は彼らを通じて社会批判をしているんでしょうね。

 あと、面白かったのが、巨人の国とか、ラピュタというのは太平洋にあるんですね。東アジアのことを極東(Far East)といいますが、やはり18世紀の英国人にとっては、地の果てと言えば極東の先といったイメージなんですね。

 魔法使い達の国、グラブダブドリッブに行った後、ガリバーは日本に立ち寄るのですが、本書では1行だけでしか触れられていないのが残念です。一度、原書を読んでみたいものです。
  
 今日までの多読語数 2,673,500語(135冊目)


応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



スポンサーサイト

「One-way Ticket - Short Stories (片道切符)」

One-way Ticket - Short Stories: 400 Headwords (Oxford Bookworms Library)One-way Ticket - Short Stories: 400 Headwords (Oxford Bookworms Library)
(2007/11/29)
J. Bassett

商品詳細を見る


 「One-way Ticket - Short Stories (Oxford 1)」YL:1.0 総語数 5,250 ★★★

 列車を舞台にした3本の短編が収録されています。ちなみにタイトルは、

 「The Girl with Green Eyes」

 「South for the Winter」

 「Mr Harris and the Night Train」

 3本ともどこかで読んだことがあるようなお話です。しかも読んでいるうちに落ちが読めてきます・・・。

 最初の短編が男性としてはちょっと面白かったかな。

  
 今日までの多読語数 2,658,200語(134冊目)



応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



「Drive into Danger (危険なドライブ)」

Drive into Danger (Oxford Bookworms Starters)Drive into Danger (Oxford Bookworms Starters)
(2000/08/31)
Rosemary Border

商品詳細を見る


 「Drive into Danger (OXFORD BOOKWORMS STARTERS)」YL:0.8 総語数1,500 ★★★

 前回の本に続いて「OXFORD BOOKWORMS STARTERS」です。この本もストーリーは単純で、表紙から想像できるとおりのストーリー展開です。1500字程度じゃ、ストーリーに凝るのは難しいですかね・・・

 単語や構文はもちろん簡単なので、多読を始めたばかりの方向けの本ですね。OXFORD BOOKWORMSも「Level 1」になると、ストーリーも凝ったものが増えてきて、面白い本に出合えるんですけどもね。

 今日までの多読語数 2,600,500語(131冊目)


応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



ESCAPE (脱走)

Escape: Comic-strip - 250 Headwords Starters (Oxford Bookworms Starters)Escape: Comic-strip - 250 Headwords Starters (Oxford Bookworms Starters)
(1999/12/16)
Phillip BurrowsMark Foster

商品詳細を見る


 「ESCAPE (OXFORD BOOKWORMS STARTERS)」YL:0.8 総語数1,500 ★★

 「OXFORD BOOKWORMS STARTERS」ということで、OXFORDでは最も簡単なレベルです。漫画形式なので読みやすいのですが、残念ながら何も特色が無いというか・・・。ストーリーも絵も普通というか、ちょっと、やっつけ仕事という感じがする1冊です。

 内容は無実の罪を着せられた囚人が脱獄を図るというものです。脱獄は成功するのでしょうか?

 自分が読んだ本は今の本とは表紙が違うバージョンなのですが、そちらの方が中の内容とあった表紙ですね。この表紙はカッコいいのですが、内容と表紙が違いすぎていて、中身を見ずに買っちゃった人は驚くのではないでしょうか。最近はインターネットで買う人も多いですしね。

 今日までの多読語数 2,599,000語(130冊目)


応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



Survive! (生還!)

Survive!: Interactive (Oxford Bookworms Starters)Survive!: Interactive (Oxford Bookworms Starters)
(2002/04/04)
Helen Brooke

商品詳細を見る


 「Survive!: Interactive (Oxford Level 0)」YL:0.8 総語数 1,500 ★★★★

 この本は普通の本ではなくて、選択肢で物語が変わるアドベンチャータイプのものです。ですので普通の本が読みたい人は避けた方がいいと思いますが、ゲーム形式の本が好きな人にお勧めです。薄い本ですがなかなか楽しめました。
 
 ロッキー山脈付近を飛んでいた飛行機がエンジントラブルを起こしてしまいます。あなたはこの絶望的な状況から生還できるでしょうか?
 
 この本でいきなりゴールにたどり着ける人は、サバイバル力が極めて高いか、かなりの強運の持ち主ですね。

 私はウィスキーをちびちび飲みながら山を降りているところで凍死してしまいましたよ


 今日までの多読語数 2,487,300語(125冊目)


応援していただけると大変励みになります。
      ↓
にほんブログ村 英語ブログ 洋書・映画の英語へ

ご協力ありがとうございました。



FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。